バリアフリー

バリアフリーリフォーム

高齢者の家庭内事故で最も多いのは、転倒・転落・浴槽内の溺死です。「住み慣れたところが、一番安全」だと思っているお家の中で思いもしない事故が起こっています。
運動能力や感覚機能が低下すると、健常者には何でもない、わずか数ミリ程度の「ちょっとした段差」でも、つまづいたり、転倒・転落したりすることが多くなります。中にはそれが原因で寝たきりになってしまうことも…。 また、そのことが自ずと行動範囲を狭め、精神的な自信喪失を招き、身体能力の更なる低下を加速させてしまいます。

介助に頼り切りになってしまっては、介護する側の負担も増すばかり。

住環境の改善は、身体的にも精神的にも、本人の「自立」を促し、介護される側にも、介護する側にも、「心のゆとり」をもたらします。

バリアフリーリフォームのポイント

バリアフリーリフォームには建物の状況はもちろんですが、一人ひとりの身体の状態やご家族の状況などライフスタイルを十分把握した上での改修が必要です。
そのために、本人、家族、医師、リハビリの先生(PT、OT)、福祉関係者(ケアマネージャー等)と私たちが十分に相談しあい、検討することが大切です。
当社は横須賀市の介護保険住宅改修工事業者として登録をしております。

手すりの設置

手すりは使う人、使う場所によって高さ、太さ、長さ、材質が異なります。
生活する人のライフスタイルをしっかり理解した上で手摺を設置することが大切です。

段差の解消

年齢を重ねて足腰が衰えてくると玄関やトイレ、浴室など、若いときには何でもなかった段差や狭さが苦になったり、思わぬ事故の原因になったりします。
転倒防止の段差解消、廊下や間口を広くするなどの備えがあれば、いざというときに安心ですし、小さなお子様やお年寄りの住宅内事故などを未然に防ぐことができます。

スロープの設置

車椅子で生活されている方にはわずかな階段は大変辛い障害になります。

建具や壁材

出入りしやすいように建具をドアから引き戸に変更したり、使いやすい形状のドアノブ やクッション性のある壁材、われにくいガラスなど安全性の高い材質に変更しましょう。